●ラードヤード / Lardyard


リアタイヤをスカッフ(前スカッフ)してバランスを取るトリック。
ラードヤードからの戻り方は色々ありますが、
この動画の戻り方は一番雑な戻り方です 笑
(自分はラードヤードの戻りを練習せず、別の技に繋いで戻るのを練習してました。)

まずはスカッフの部分だけ練習した方がいいです。
スカッフは、タイヤに対して足を斜めに入れてしまうとやりにくいです。
(できても安定しづらい。)
タイヤに対して足をできるだけ真っすぐに入れて、丁寧にスカッフした方が安定します。
丁寧なスカッフは、蹴るときに力を入れすぎず丁寧にタイヤを前に転がし、その後靴の裏でタイヤを擦るように減速させながらバランスを取ります。
このスカッフを覚えるのはかなり根気がいるので頑張ってください。
毎日乗っても1ヶ月近くかかるかもしれません。
(個人差がありますし、どこまでで完成かは分からないのでなんとも言えませんが。)


スカッフがある程度できたら、入りや戻りを練習します。
入り方は色々ありますが、スイッチフットアンクルデスから入るか、
インサイドのペグウィリーから入るのが一番簡単かと思います。
(アンクルデスができるならとりあえずアンクルデスから繋いでみるといいです。)

↓インサイドのペグウィリーからの入り。

これは、インサイドのペグウィリーがある程度走れるようになってから
挑戦した方が早くできます。


ラードヤードができるとカブースやバックヤードもすぐできるので、
技の幅がどんどん広がってもっと楽しくなっていきます。


バリエーションなどはまた今度追加します。



inserted by FC2 system