サイトトップ  BMXを始める  工具・用品  パーツ  トリック  ブログ  リンク集


■BMXフラットランドの車体の選び方


続いてはBMXフラットランドの車体の選び方です。
(ここでは「フラット車」「完成車」と呼ばせてもらいます)

まず、定価(メーカー希望小売価格)が5万円未満のものは買わない方がいいです。
どんなに安くても4万円代までかと。
僕は最初42,000円のBMXを買いました。
あまりお勧めできるものではありませんでしたが、乗れることは乗れました。

ちゃんとしたメーカーの物がセールで安く売られている場合は大丈夫ですが、
定価(希望小売価格)で5万円未満となるとかなりスペックが低くなります。

ネットでBMXを買おうと検索すると、2万円台〜3万円台の物が出てきますが、
それらは「BMXルック」の自転車です。
一応BMXですが、本来の楽しみ方をするには機能が不十分です。
見た目だけでいいのならお買い得ですが、トリックを楽しみたいのであればちゃんとしたBMXを買いたいところです。


■おすすめのフラット車、メーカー

ARESBIKES(アーレスバイクス)
ARESの完成車でBMXを始める人が一番多いと思います。
キッズバイクもあります。

MOTEL WORKS(モーテルワークス)
日本を代表するBMXライダー田中光太郎さんが手がけるMOTEL WORKS。
カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいです。
キッズバイクもあります。(16inch,12inch)

Saint Martin(セイントマーティン)
海外のメーカー。日本のサポートライダーも多いです。
個人的にかなり好きなメーカーです。
僕は2012年1月にSaint Martinの完成車のDarwinを購入しました。
今も実際に乗っていますが、スペックが良いわりに価格が安いので満足しています。


最新モデルを買おうとすると6〜7万円前後になりますが、
少し前のモデルで良ければちゃんとしたフラット車を5万円未満で買う事も出来ます。

乗っているうちにパーツは消耗してどんどん良い物に交換していくので、
まず安めの完成車を買うという選択肢もありだと思います。

最近は10万円以上の完成車も出ていますが、これは最初からついているパーツのグレードが高い完成車です。

自分のおすすめとしては、セールで安くなっている1,2年前のモデルを5万円前後で買って、
徐々にパーツを替えていく方がいいんじゃないかと思います。
最初は自分のパーツの好みもわかりませんし、どんどん壊れていく物なので。



●フリーコースターハブについて

フラットランド向けのBMXの後輪(リアホイール)には、フリーコースターハブという物が使用されています。
簡単に言うと、リアホイールを後ろ向きに回転させてもペダルが回ってきません。
(ママチャリ等、普通の自転車は後ろ向きに動かすとペダルも回ってきます。)

これはBMXフラットランド特有のパーツで、トリックの最中にペダルが回ってきて邪魔にならないようにするためのパーツです。

ストリート向けの完成車や、安いBMXルック車にはフリーコースターハブが使われていないので注意してください。
また、一部の子供向けのBMXにも使用されていないようです。



「BMXを始めたい」へ戻る




サイトトップへ


inserted by FC2 system